交通新聞社 電子版

スターフライヤー 中部―台北(桃園)線、北九州―台湾(同)線を開設

2018.11.05
くす玉を開花し、握手を交わす柴田取締役(左)と友添社長

 スターフライヤー(SFJ)は10月28日、国際線の中部―台北(桃園)線、北九州―台北(同)線を新設した。使用機材は、今年7月に導入した国際線用のエアバスA320。毎日1往復する。

 国際線用のA320は、従来の国内線機材と比較し、座席間隔を広げ快適性を高めた。