交通新聞社 電子版

19年3月期第2四半期決算 京阪ホールディングス

2018.11.15

 不動産業けん引、売上高最高【京阪ホールディングス】

 不動産事業の増収などが寄与し、売上高、営業利益、経常利益は増加したが、前期に京阪ライフサポート株式売却益を特別利益に計上した反動で四半期純利益は減少した。売上高は2期連続、営業利益は3期ぶり、経常利益は2期ぶりにそれぞれ増、純利益は2期ぶり減。