交通新聞社 電子版

日通 鉄道コンテナ取扱実績 18年10月分 9.5%減

2018.11.14

 日本通運は12日、今年10月分の鉄道コンテナ取り扱い実績を発表した。西日本地区を襲った7月の豪雨災害による山陽線の不通の影響で中国、九州地区を中心に減少。東北地区は返回送パレットの取り扱いが増加した。全体では15万734個(前年同期比90・5%)だった。

 各地区の実績は次の通り。