交通新聞社 電子版

特集 日通総研 2018・2019年度「経済と貨物輸送の見通し」

2019.01.17
JR貨物の2019年度コンテナ輸送量は自然災害の反動増などにより6.5%増を見込む(JR貨物提供)

 景気の減速、消費増税…  

 経済成長は小幅に

 

 日本通運のシンクタンク子会社、日通総合研究所は、2018年度と2019年度の経済と貨物輸送の見通しを発表した。2019年度の世界経済は、先進国・新興国とも減速基調が鮮明となり、前年度より成長率はやや鈍り3.5%の成長を予測。

特集

一覧を見る