交通新聞社 電子版

ティータイム 小笠原 翼 JR四国鉄道事業本部運輸部車両課課員

2019.02.06

 新型特急 扱いやすさを追求

 2000系に代わる次世代の非電化区間の主力として、最終的に約40両の投入を目指す新型特急気動車2700系の開発に従事。乗務員室のモニターシステムを担当し、扱いやすさを追求した。