交通新聞社 電子版

JR北海道 新札幌駅構内で信号機倒れる

2018.11.13

 9日12時40分ごろ、JR千歳線新札幌駅構内で、下り線用の信号機が倒れ線路をふさいでいるのを札幌発苫小牧行き普通列車の運転士が発見し、手前で停止するとともに指令センターに報告した。

 信号機は高さ5㍍、重さ220㌔。高架上のコンクリートにボルト8本で固定されていたが、すべて抜けた状態だった。