交通新聞社 電子版

特集 多摩モノレール開業20周年

2018.11.20
多摩モノレールは跨座(こざ)式。経済性に優れ、地域の景観と調和するとして採用された。住宅地を走り抜ける車両(多摩都市モノレール提供)

 地域と共に 沿線活性化に貢献

 増加する利用者 多彩な施策奏功

 立地生かしたブランド構築へ

 

 地域と共に歩み20年――東京・多摩地区を南北に縦断する多摩モノレール(多摩センター~上北台間、19駅、所要時間約36分)が27日に開業20周年を迎える。