交通新聞社 電子版

あいの風とやま鉄道 観光列車「一万三千尺物語」4月6日運転開始

2019.01.08
「一万三千尺物語」の外観イメージ(あいの風とやま鉄道提供)

 あいの風とやま鉄道は4月6日から、新観光列車「一万三千尺物語」の運転を開始する。朝焼けの立山連峰と富山湾をイメージした外観が特徴で、内装に富山県産のスギを使用する。すし、懐石料理を車内で味わう2コースを設定し、今月10日から電話で予約受け付けを開始する。

 車両は413系(3両編成)を改造。