交通新聞社 電子版

トップニュース

2019.09.17
車載端末を備えたフォークリフトの運転席

JR貨物 TRACEシステムを更新 22年度第2四半期に全面稼働

 JR貨物の真貝康一社長は11日の定例会見で、貨物駅構内のコンテナ位置情報を一元管理して荷役作業をサポートする「TRACE(トレース)システム」について、抜本的なシステム更新を行うと発表した。

新着ニュース