交通新聞社 電子版

トップニュース

2021.01.15
「トラックドライバー用アプリ(仮称)」のメニュー画面イメージ(JR貨物提供)

JR貨物 トラックドライバー用アプリ 21年度下期から主要6駅で先行導入

 JR貨物の真貝康一社長は13日の定例会見で、貨物駅を利用するトラックドライバー向けに導入を検討してきた「トラックドライバー用アプリ(仮称)」について、2021年度下期から全国の主要6駅で先行導入し、スマートフォンを活用した試運用を開始すると発表した。