交通新聞社 電子版

JR東日本東北総合サービス 「仙臺驛政宗」の新酒発表会

2019.02.13
新酒の完成を祝い鏡開きを行う関係者

 JR東日本東北総合サービス(LiViT)や仙台の米生産者、酒造会社、流通業者などで構成する仙臺驛政宗酒造り協議会は5日、仙台駅2階ステンドグラス前で、同駅限定販売の日本酒「仙臺驛政宗」の新酒発表会を開催した。

 純米吟醸「仙臺驛政宗」は、仙台市泉区根白石地区で生産された「ひとめぼれ」を100%使用。