交通新聞社 電子版

JR西日本 在来線「車両モニタ状態監視装置」 京阪神で20年度使用開始へ

2019.08.15
「モニタ状態監視装置」の導入イメージ(JR西日本提供)

 指令がリアルタイムで把握 ダウンタイム短縮

 JR西日本の来島達夫社長は9日の東京地区会見で、京阪神地区の在来線を走行する電車に「モニタ状態監視装置」を導入すると発表した。