交通新聞社 電子版

JR東日本 20年度の設備投資計画 安全対策などに7110億円

2020.09.18

 JR東日本は16日、本年度の設備投資計画を発表した。グループ経営ビジョン「変革2027」実現に向けて、収益力向上に資する成長投資、業務改革や働き方改革の助けとなる重点枠投資は着実に実行する半面、維持更新投資はコロナ禍による減収などを考慮し、安全確保を前提にしながらコストダウンを実施していく。