交通新聞社 電子版

21年3月期第2四半期決算 ヤマトホールディングス

2020.11.18

 ヤマトホールディングス

 EC(電子商取引)領域の成長の加速に伴い、宅急便の取扱数量は9億9400万個(前年同期比13・1%増)と大きく増加し、デリバリー事業が黒字転換した。費用面も経営資源の最適配置による集配効率の向上や幹線輸送の効率化推進が奏功して大幅な増益となり、四半期純利益も黒字を計上。