交通新聞社 電子版

特集 日通総研 「20・21年度経済と貨物輸送の見通し」

2021.01.14
JR貨物の2021年度のコンテナ輸送量は、前年度からの反動や積み合わせ貨物の専用列車の新設効果などから5・6%増を見込む(JR貨物提供)

 コロナ禍大幅減の反動で国内貨物4年ぶりプラス

 日本通運のシンクタンク子会社、日通総合研究所は、2020年度と21年度の経済と貨物輸送の見通しを発表した。