交通新聞社 電子版

国交省 20年度鉄道係員に対する暴力行為件数

2022.01.19

 「加害者が飲酒」6割

 国土交通省がまとめた2020年度の鉄道係員に対する暴力行為によると、発生件数は439件(前年度比172件減)となった。6年連続で減少したが、依然として多く発生している。

 都道府県別の発生件数は、東京135件、神奈川88件、大阪35件の順。

記録・調査・統計

一覧を見る