交通新聞社 電子版

JR東海 リニア中央新幹線瀬戸トンネル 「肌落ち」事象で再発防止策

2021.11.01

 JR東海は10月28日、リニア中央新幹線瀬戸トンネルの瀬戸非常口(斜坑)掘削工事現場で発生した「肌落ち」事象を受けて、再発防止に向けた対策を発表した。

 肌落ちは同月27日19時20分ごろ発生。同社によると、発生8分前に掘削に伴う発破作業が行われ、通常通り点検を進めていたという。原因は調査中。